2018.03.08

豪州代表、次期指揮官がアーノルド氏に決定…ロシアW杯終了後に就任

アーノルド
オーストラリア代表の指揮官就任が決まったアーノルド氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オーストラリアサッカー連盟(FFA)は8日、同国1部のシドニーFCを率いているグラハム・アーノルド監督が、2018 FIFAワールドカップ ロシア終了後にオーストラリア代表の指揮官に就任すると発表した。

 今回の発表によると、アーノルド監督はロシアW杯終了後にオーストラリア代表の指揮官に就任。2022年のカタール大会終了までの契約で合意に達したという。同監督は2006年に続いて2度目の代表指揮官就任となる。

 オーストラリア代表の指揮官就任にあたり、アーノルド監督は「代表チームの指揮は非常に大きな名誉で、このタイミングは私にとって完璧なものだと信じている」とコメントしている。

 アーノルド監督は現在54歳。選手時代はオーストラリアのほか、オランダやベルギーでも活躍した。1997年から1年半に渡ってサンフレッチェ広島でもプレーしている。2001年の現役引退後は指導者に転身し、母国クラブを歴任した後、2000年からはオーストラリア代表のアシスタントコーチを担当。2006年7月には指揮官に就任し、2007年からはピム・ファーベーク監督の下で再びアシスタントコーチを務めた。

 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ終了後はセントラルコーストの指揮を執り、2014年にはベガルタ仙台の監督に就任。だが、公式戦で勝利を収めることなく4月に退任することとなった。以後はシドニーFCを率いている。昨シーズンはAリーグのレギュラーシーズンを首位でフィニッシュし、ファイナルシリーズも制覇。今シーズンもリーグ戦第22節を終えて首位を快走している。

 オーストラリア代表はアンジェ・ポステコグルー監督(現横浜F・マリノス)の下、2018 FIFAワールドカップ ロシアの大陸間プレーオフを制して本大会出場権を獲得。だが同監督は昨年11月に退任し、現在はベルト・ファン・マルヴァイク氏が指揮を執っている。ロシアW杯のグループステージではフランス代表、ペルー代表、デンマーク代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る