2018.03.04

FIFAがVARの導入を正式決定…ロシアワールドカップでの使用も視野に

審判
映像で確認する審判 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際サッカー連盟(FIFA)は評議会を3日に開き、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を正式にサッカーのルールとして採用することを決定したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』を始め、各国メディアが報じている。

 PKにつながるファールやゴールの際のオフサイドなど、重要な判定の際に審判団が映像を確認するVARはすでにセリエAやブンデスリーガなどで使用されてきたが、今回の決定により世界のどの大会でも、VARの使用に許可がいらなくなる。

 2018 FIFA ワールドカップ ロシアでVARを使用するかどうかは今月16日にコロンビアで行われる会合で決定されるが、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長はこの決定を受け、VARの導入について次のようにコメントを発表している。

「この決定はワールドカップとその試合に影響がある。これまでの研究によって、VARは試合にポジティブな影響を与えることが証明されている。ワールドカップの審判団はVARを使用する準備をしっかりしてきている。彼らは過去2年間トレーニングを積んできたからね」

 VARの導入には試合時間が延びることなど、反対意見も少なくない。欧州サッカー連盟のアレクサンデル・チェフェリン会長は来シーズンのチャンピオンズリーグでの導入に否定的な見方を示している。今後も議論は続きそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る