2018.02.13

ガラタサライが3発完勝で首位浮上! 長友は移籍後リーグ戦初勝利

ガラタサライ
勝利を挙げたガラタサライメンバーと長友佑都 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スュペル・リグ第21節が12日に行われ、ガラタサライがホームでアンタルヤスポルと対戦した。ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は左サイドバックで公式戦3試合連続先発出場している。

 試合はホームのガラタサライがペースを握る。14分、ミドルシュートが相手DFに当たるとペナルティーエリア内のバフェティンビ・ゴミスの前にボールがこぼれ、そのままダイレクトでシュート。これが決まりガラタサライが先制に成功した。

 勢いに乗ったガラタサライは20分、カウンターからパスを受けたゴミスが再びゴールを決め追加点。38分にはペナルティーエリアでパスを受けたソフィアン・フェグリがワントラップからシュートを決めリードを3点に広げた。

 3-0で折り返した後半もガラタサライが試合を優位に進める。しかし、追加点は生まれず試合はそのまま終了。首位だったイスタンブールが同節で敗れたため、完封勝利したガラタサライが首位に浮上した。

 長友は安定した守備力を見せつつ、69分には左サイドからあわやゴールかと思わせるセンタリングを供給するなど、攻守において存在感を発揮。同試合は長友にとって移籍後リーグ戦初勝利となった。

 次節、ガラタサライはアウェイでカスムパシャと、アンタルヤスポルはホームでカイセリスポルと対戦する。

【スコア】
ガラタサライ 3-0 アンタルヤスポル

【得点者】
14分 1-0 バフェティンビ・ゴミス(ガラタサライ
20分 2-0 バフェティンビ・ゴミス(ガラタサライ
38分 3-0 ソフィアン・フェグリ(ガラタサライ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング