2018.02.08

ナイキのスパイク発表会にネイマールが登場! 進化した最新作を絶賛

ネイマール
ネイマールの登場に会場が沸いた [写真]=ナイキ
サッカー総合情報サイト

 現地時間7日、ナイキがロンドンで新スパイク『マーキュリアル』のローンチイベントを開催した。

 特設会場にはブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)やベルギー代表MFエデン・アザール(チェルシー)、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・U)らが登場。ネイマールは「試作品を履いた時に『すぐにプレーしてもいいか?』と聞いたほどスピード感が違ったよ」と絶賛し、「早くこのシューズを履いて、ゴールを決めたい」と期待に胸を膨らませた。

ネイマール

新作『マーキュリアル』を天井からつり下げる演出も [写真]=ナイキ

『マーキュリアル』は“爆発的なスピード”をコンセプトに開発されたスピードモデルで、今回は「天性の速さ」をテーマに作られている。たとえ1mmであっても、スパイクの中で足がずれてしまえばスピードが損なわれる可能性があると考え、フィット性に焦点を絞ってデザイン。ソールプレートをなくした「マーキュリアル スーパーフライ 360」と「マーキュリアル ヴェイパー 360」は、その数字のとおり、ナイキフライニットで足全体=360度を包む画期的な構造になっている。ソックスライナーとシャシーを一体化させて継ぎ目をなくし、ニットが隙間なく足を包み込むことで、選手が90分間、快適にプレーできる履き心地を実現した。

マーキュリアル

カラーはスピード感、視認性を意識してオレンジを採用 [写真]=ナイキ

 俊足なチーターをイメージした最新作は、スタッドが“かぎ爪”のように仕上がっており、前足部はアグレッシブにあらゆる方向に加速できるように、かかとは一瞬でストップできるように作られている。アッパー部分には新たな素材を採用。フライニットを編む前の糸にTPU樹脂とACC(オール コンディション コントロールテクノロジー)を染み込ませ、贅沢な履き心地を保ちながら、耐久性や耐水性を向上させた。また、誕生20周年を記念して、かかと部分には大胆な「M」が刻まれている。

 ワールドカップイヤーにバージョンアップを果たした『マーキュリアル』は、今週末から世界中のナイキアスリートが着用する予定。日本では15日から「NIKE.com」と「KAMO.com」、16日からその他先行販売対象店舗にて先行販売され、26日から「NIKE.com」と一部専門店にて一般発売を開始する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る