FOLLOW US

マラドーナ氏、アグエロとの関係は修復不可? 黒塗りの家族写真が話題に

アグエロとの関係悪化が報じられるマラドーナ氏 [写真]=Getty Images

 元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏はマンチェスター・Cに所属する同代表FWセルヒオ・アグエロに未だ恨みをもっているようだ。スペイン紙『マルカ』が3日付で報じている。

 当のアグエロは2008年にマラドーナ氏の次女ジャンニーナさんと結婚。翌2009年に第一子を出産。マラドーナ氏にとっても初孫となっている。しかし、2012年に離婚。それを機に義父であるマラドーナ氏とアグエロの関係悪化が報じられていた。同紙によると、もはや修復不可能なほど悪化しているようだ

 マラドーナ氏の顧問弁護士を務めるマティアス・モルラ氏が自身のSNSに「ドバイでの仕事のため、ナンバー10と会っている」とマラドーナ氏との2ショット写真を投稿した。マラドーナ氏の自宅で取られた写真は同氏のプライベートを切り取ったもので反響を呼んだが、一方でそこには“あるもの”が写っていた。

 それは、壁にかかっていた家族写真で、アトレティコ・マドリードのユニフォームを着たマラドーナ氏の孫を抱いた人物が1人だけ黒く塗りつぶされているものだった。この投稿はあっという間に拡散され、この人物について多くの予想がなされている。同紙によると、1人だけ塗りつぶされていたことから、関係の悪化しているアグエロなのではないか?という予想が有力のようだ。

 果たして物議をかもしているこの写真は2人の関係悪化を表しているのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO