2018.02.02

マンCのコンパニ、ベルギー代表引退も視野に「W杯前に決断する」

コンパニ
2004年からベルギー代表でプレーしているコンパニ [写真]=Photonews via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが自身のキャリアを展望し、代表引退を検討していることを明かした。イギリス紙『テレグラフ』が2月1日に伝えている。

 コンパニはベルギーのテレビ番組にて「私にはまだ(マンチェスター・Cとの)18カ月の契約がある。チームに貢献できると思っているよ」とコメント。度重なる負傷に苦しめられ、今シーズンはプレミアリーグ第25節終了時点で9試合出場にとどまっている中、以下のように語った。

「世界最高のチームの一つでプレーできているのだから、疑問を抱くことはない。ピッチに立つことに恐れもない。シンプルなことで、私は回復のためにハードワークしているんだ。再びチームと練習できるようになれば、全ては過ぎ去ったということだ」

 復活への意欲を示したコンパニだが、クラブと代表でのプレーを両立することについては「現実的でなければならない」と、代表引退も視野に入れているようだ。

「サッカーをすることが大好きだし、再び負傷しないことを願っているよ。できる限り、プレーを続けたいんだ。代表チームでのプレーも辞めたくはない。全ての時間、そこにいたいと思っているからね」

「でも、私も現実的にならなければならない。限られた試合(数)しかプレーできていないし、ベルギー代表での将来について考えているんだ。たぶん、ワールドカップの前に決断を下すよ」

 現在31歳のコンパニは、トップレベルでのプレーを続けていくうえで代表引退を視野に入れているようだ。マンチェスター・Cは今冬の移籍市場でアスレティック・ビルバオからフランス代表DFアイメリク・ラポルテを獲得するなど、センターバック陣のポジション争いはさらに激しいものとなっている。2004年からベルギー代表の一員としてプレーを続けているコンパニだが、どのような決断を下すのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング