FOLLOW US

長友佑都、ガラタサライへのレンタル決定! ロシアW杯見据え出場機会確保へ

ガラタサライ加入目前、イスタンブールの空港での長友佑都 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 インテルは31日、日本代表DF長友佑都がトルコのガラタサライへレンタル移籍することで合意に達したと発表した。レンタル契約期間は2018年6月30日まで。

 長友の新天地となるガラタサライは、イスタンブールに本拠地を構える。リーグ優勝回数は国内最多の「20」を数える強豪クラブだ。今シーズンはここまでリーグ戦19試合を終え、13勝2分け4敗の勝ち点「41」で首位と勝ち点差「1」の2位につけている。

 長友は1986年生まれの現在31歳。東福岡高校から明治大学に進学すると、2008年に同大サッカー部を退部してFC東京へ加入した。すぐにレギュラーを奪取すると、Jリーグ屈指のサイドバックとして名を馳せ、2010年7月にはチェゼーナへのレンタル移籍が決定。イタリアでの挑戦をスタートさせた。ここでもすぐさま定位置を確保し、2011年1月にはインテルにレンタル移籍。同年7月より完全移籍に移行した。31日をもって在籍期間は7年に到達するなど、クラブ最古参の選手として貢献していた。

 今シーズンは、セリエA第22節終了時点で11試合に出場(先発は9試合)。開幕スタメンを勝ち取るなど序盤戦はコンスタントに出場機会を得ていたが、第13節から第22節までの10試合でピッチに立ったのはわずか1回と、出番が減少していた。今年6月には2018 FIFAワールドカップ ロシアを控えており、日本代表選出・活躍のために出場機会を求めて移籍を決断したとみられる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO