2018.01.07

本田が“目に見える結果”に喜び「ごっつぁんゴールでもやっぱり嬉しい」

本田圭佑
ゴールを決めて喜ぶ本田。チームは逆転負けを喫した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 6日に行われたリーガMX後期第1節・プーマスUNAM戦で、パチューカのFW本田圭佑がゴールを決めた。有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』で、本田は「まさにごっつぁんゴールですよね」と新年初ゴールを振り返った。

 1点リードで迎えた39分、カウンターから最後は本田が右足で押し込んだ。

「ごっつぁんゴールでもやっぱり嬉しいもんは嬉しいもんですね。何でもああいう場所に行くと、いいことがある。ああいうゴールがさらに増えていくと、いいなと思っている。ゴール前に入っていく回数を増やしたい。特にカウンター時には貪欲に行くべきですよね」

 本田は昨年7月に移籍してから、ドリブルを中心に個人技の向上に取り組んできた。挑戦を続ける姿勢は2018年も変わらない。今年6月に控えたロシア・ワールドカップに向けて、「新しいことに取り組みたい」と話す。

「戦略的バージョンアップをして、それに伴う意識の中で、日々のトレーニングに挑むっていう方式でやっていこうと思います」

 年齢的に考えても急激な変化を生み出すことは難しい。本田は小さな変化をコツコツと積み上げながら、「明確な結果を求める、っていうことをやっていこうと思う」と語る。

「それ(=明確な結果)に直結するプレーって、ファンが求めていることだと思うし、わかりやすく楽しめるんじゃないかという意味では、変化を感じ取られると思います」

 以前、自身のSNSで綴った「じっくり確実に進むよ。亀のように」という言葉どおり、本田が着実に歩みを進める。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る