2017.12.21

アフリカの子どもたちに夢を…本田圭佑が取り組む新たな社会貢献の形

HONDA ESTILO
長期的な社会貢献活動を展開。サッカーを通じて、子どもたちに「夢」を提供していく [写真]=︎HONDA ESTILO
サッカー総合情報サイト

 本田圭佑がプロデュースする「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」のコーチ陣が、ルワンダでサッカースクールを実施した。

 HONDA ESTILO株式会社の子会社であるSOLTILO Kenya Ltd.を通じて、アフリカ3カ国で「AFRICA DREAM SOCCER TOUR supported by Car-Tana.com」を開催。難民やスラム街に住む恵まれない子どもたちが夢や希望を持つきっかけを得られるように、社会貢献活動の一環としてサッカー指導を提供していく。

HONDA ESTILO

左右の靴が異なっていたり、サンダルを着用している子ども、中には裸足の子どもの姿も見られた [写真]=︎HONDA ESTILO

 今回のツアー開催は、本田が今年6月にウガンダを訪問したことがきっかけだった。遺児や難民キャンプで暮らす子どもたちと触れる中で過酷な現状を知った本田は、アフリカ大陸で恵まれない子どもたちに向けた社会貢献活動を行うことを決意。「サッカー(スポーツ・教育)で世界中に夢や希望を与え感動させ続ける」。HONDA ESTILOグループの理念実現に向けた新たな一歩となった。

HONDA ESTILO

器用にドリブルをする姿に、コーチ陣が驚く場面も [写真]=︎HONDA ESTILO

HONDA ESTILO

アフリカでのレクチャーはコーチ陣にとってもいい刺激になっている [写真]=︎HONDA ESTILO

 そして、12月9日にツアー初日を迎えた。訪問先のCECYDAR(ストリートチルドレンの保護施設)で1時間程度の練習を実施。その様子を多くの現地メディアが報じた。今後は約1年をかけてルワンダ、ケニア、ウガンダを周る。

 本田の教育に対する想いは強い。

「私は、プロフェッショナルのサッカー選手であり、起業家であり、教育者です。私の任務は、子どもたちの教育をサポートすることです。特に、あまり恵まれていない国にいる子どもたちの教育をサポートすることです」

 自らを“教育者”と定義し、世界中の恵まれない子どもたちが教育の機会を得られるよう取り組みを進める本田は、昨年6月に「Global Advocate on Youth and Education」に就任。国連傘下の国連財団から、全世界の子どもたちへの質の高い教育普及の手助けをする役割を任された。

HONDA ESTILO

トレーニングは無事に終了。終始笑顔で練習に取り組んだ [写真]=︎HONDA ESTILO

 今回の「AFRICA DREAM SOCCER TOUR」は、通常のサッカースクールとは異なり無償で実施する。現在、本田が現地に出向く予定はないが、彼の熱い想いはコーチ陣にしっかりと受け継がれている。アフリカの子どもたちが夢や希望を持てるきっかけを与えたい――。HONDA ESTILOが果たす役割は大きい。

HONDA ESTILO

12月10日には2回目が開催された [写真]=︎HONDA ESTILO

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る