2017.11.29

ACL王者浦和の堀監督がアジア最優秀監督に選出…なでしこ高倉監督とダブル受賞

最優秀監督に選ばれた浦和の堀監督(左)となでしこジャパンの高倉監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC(アジアサッカー連盟)は29日、タイのバンコクで年間表彰式「AFCアニュアルアウォーズ2017」を開催し、各賞を発表した。

 監督賞は男女とも日本が独占した。男子は浦和レッズをAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に導いた堀孝史監督が受賞。2011年に元なでしこジャパン監督の佐々木則夫氏が受賞して以来、6年ぶりとなる日本人の受賞となった。その他の候補には、石井正忠監督(前鹿島アントラーズ、現大宮アルディージャ)と前オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏が選ばれていた。

 最優秀女子監督賞は、なでしこジャパンの高倉麻子監督が選ばれた。高倉監督は女子のアンダー世代などで指揮していた2012〜2015年に4年連続で受賞。昨年は東方足球隊(香港)で世界初の男子トップリーグ優勝を果たした女性指揮官のチャン・ユェンティン元監督にタイトルを譲っていたが、今年は2年ぶり最多5度目の受賞となった。

 男子最優秀選手賞は、オマル・ハルビン(シリア代表/アル・ヒラル)が受賞し、最優秀ユース選手賞は“韓国のメッシ”で知られるイ・スンウ(U-20韓国代表/ヴェローナ)が選ばれた。また、ドルトムントのMF香川真司が候補に入ったアジア国際年間最優秀選手賞は、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが2年ぶり2度目の受賞を果たした。

 一方、女子は最優秀選手にサマンサ・カー(オーストラリア女子代表)、最優秀ユース選手にスン・ヒャンシム(U-19北朝鮮女子代表)が選出された。最優秀選手候補の熊谷紗希(なでしこジャパン/リヨン)と、最優秀ユース選手候補の宮澤ひなた(U-19女子日本代表)は受賞を逃した。

 発表された各賞は以下の通り。

■最優秀監督賞
堀孝史(浦和レッズ)

■最優秀女子監督賞
高倉麻子(なでしこジャパン)

■最優秀選手賞
オマル・ハルビン(シリア代表/アル・ヒラル)

■最優秀女子選手賞
サマンサ・カー(オーストラリア女子代表)

■アジア国際最優秀選手賞
ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム)

■最優秀ユース選手賞
イ・スンウ(U-20韓国代表)

■最優秀女子ユース選手賞
スン・ヒャンシム(U-19北朝鮮女子代表)

■フットサル最優秀選手賞
アリアサガール・ハサンザデー(イラン)

■審判特別賞
バフティヤール・ナマゾフ(ウズベキスタン)

■ダイヤモンド・オブ・アジア(長らくサッカーに貢献した個人)
ユスフ・セルカル氏(元UAEサッカー協会会長)

■ドリーム・アジア(サッカーを通じて社会に貢献した協会)
日本サッカー協会

■AFC年間最優秀協会賞
▼インスパイリング部門
イランサッカー連盟

▼デベロッピング部門
ベトナムサッカー連盟

▼アスパイアリング部門
アフガニスタンサッカー連盟

■草の根サッカーに対するAFC会長賞
▼インスパイリング部門
中国サッカー協会

▼デベロッピング部門
シンガポールサッカー協会

▼アスパイアリング部門
ブータンサッカー連盟

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る