2017.11.14

ベルギー代表監督、日本は「積極的で勇敢」…先発メンバーの一部も明言

マルティネス
会見に出席したマルティネス監督
Kota Minato サッカーキング編集部

 ベルギー代表は13日、日本代表戦に向けて、開催地であるブルージュのヤン・ブレイデルスタディオンで前日会見を行った。

 会見には、まずDFトーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)が登場。2013年11月19日の前回対戦(3-2で日本が勝利)にも途中出場していたムニエは、「僕の代表2戦目は、ブリュッセルでの日本戦だったことを覚えているよ。試合には負けてしまったね」と振り返り、「日本はとてもいいチームだと思う。選手は小さいが、スピードがあってテクニックもある」と続けた。

 ベルギーは10日の国際親善試合でメキシコ代表と3-3で引き分けた。同試合にフル出場したムニエは、メキシコに勝ち切れなかったものの、「良い準備はできている」と順調であることを強調。「日本に勝てば、嫌なイメージを忘れられる」と流れを変える意味でも、日本戦は「重要なテストになる」と意気込んだ。

ムニエ

古巣クラブ・ブルージュのスタジアムで会見に臨んだムニエ

 次にロベルト・マルティネス監督が出席すると、メキシコ戦後に「守備的すぎる」と戦術批判をしたMFケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)について質問が集中。だが、マルティネス監督は「正直な意見で、個人的な批判ではない」と容認している。

「ケヴィンは勝者であり、彼を失いたくはない。現在はいろんなことを試す期間で、いろんな情報を集めなければならない。彼は代表チームのことを考えているし、W杯でいい成績を残したいと思っている。今、戦術やシステムについて話すことはとても役に立つ。それにケヴィンは正しい。実際、戦術的にはまだ完成されていない。だからW杯までに情報を集めて、準備しないといけない」

 それでも、「彼のコメントによって、戦術やシステムを変えることはない」と断言し、日本戦も3バックで臨むことに変わりはないようだ。そして「明日は違うメンバーも試したい。GKシモン・ミニョレのプレーを見ることも重要だ。DFヤン・ヴェルトンゲンやDFクリスティアン・カバセレも見たい」と先発メンバーの一部を明言。

 さらに、エースのMFエデン・アザールについては「メキシコ戦で軽い打撲を受けたが、問題ないだろう。明日、判断するつもりだ」とコメント。続けて「FWロメル・ルカクも同じだ」と明かし、アザールとともに出場する可能性があるという。

 対戦相手の日本については「別の大陸のチームで、メキシコとはまた違ったアプローチをしてくるだろう。積極的なチームで勇敢な選手が揃っており、素晴らしいテクニックを持っている」と話した。

公式練習に臨んだベルギー代表メンバー。アシスタントコーチのアンリ氏の姿も(左から2人目)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る