2017.11.11

日本戦を控えるベルギー、メキシコとの一戦は激しい打ち合いの末ドロー

ルカク
2得点の活躍を見せたルカク [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際親善試合が10日に行われ、ベルギー代表とメキシコ代表が対戦した。

 ベルギーはメキシコの細かいパスワークに苦戦しながらも堅守速攻の形を狙う。しかし押され気味に見えたベルギーが先制点を決めた。17分、ペナルティーエリアにドリブルで入り込んだロメル・ルカクがシュートを放つ。GKギジェルモ・オチョアが一度は弾いたものの、ゴール正面に流れたルーズボールをエデン・アザールが押し込んだ。
 
 先制に成功したベルギーは、メキシコにボールを持たれながらも落ち着いた試合運びを展開。しかし38分、カウンターから思わぬ形で得点を許す。CBのローラン・シマンがペナルティーエリア内で相手FWのハビエル・エルナンデスを倒してPKを献上。これをアンドレス・グアルダードが沈め、試合を振り出しに戻した。
 
 1-1で前半を折り返したベルギーは、後半開始と同時にケヴィン・デ・ブライネに代えてドリース・メルテンス、ユーリ・ティーレマンスに代えてムサ・デンベレをそれぞれ投入した。この交代策が功を奏し、55分にベルギーが勝ち越しに成功する。
 
 交代で入ったメルテンスが右サイドをドリブルで切り裂き、鋭いクロスボールを供給。これをゴール前で受けようとしたルカクが太ももでトラップすると、コントロールミスで流れたボールが幸運にもゴールに転がり込んだ。

 またもリードしたベルギーだったが、直後の56分に追いつかれてしまう。 自陣からのロングボールを受けたイルビング・ロサーノが中央に切り込んでシュート。これには守護神ティボー・クルトワも動けず、同点弾を許した。
 
 さらに直後の60分、またもロサーノが鮮やかなプレーを見せる。左サイドから仕掛けたロサーノが右足でシュート。一度はGKクルトワに弾かれたが、こぼれ球に素早く反応したロサーノは自ら豪快なボレーを突き刺し、メキシコが逆転した。

メキシコ代表

ベルギー対メキシコの一戦は打ち合いとなった [写真]=Getty Images


 
 しかしこの試合、始めてリードを許したベルギーが意地を見せる。70分、右サイドを突破したメルテンスがペナルティーエリア内にグラウンダーのクロスボールを送る、ニアサイドに走りこんだルカクが足で合わせネットを揺らした。

 その後も両国は決勝点を狙い続けたが、このまま試合は終了。白熱した打ち合いはドローで決着となった。

【スコア】
ベルギー代表 3-3 メキシコ代表

【得点者】
1-0 17分 エデン・アザール(ベルギー代表)
1-1 38分 アンドレス・グアルダード(メキシコ代表)
2-1 55分 ロメル・ルカク(ベルギー代表)
2-2 56分 イルビング・ロサーノ(メキシコ代表)
2-3 60分 イルビング・ロサーノ(メキシコ代表)
3-3 70分 ロメル・ルカク(ベルギー代表)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る