2017.11.10

現役続行? アラダイス氏が米代表監督就任に意欲「楽しみにしている」

アラダイス氏
クリスタル・パレス指揮官の辞任時に監督業からの引退も表明していたアラダイス氏だが…? [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 過去にイングランド代表などで指揮をとったサム・アラダイス氏が、アメリカ代表の指揮官就任に意欲を示しているようだ。9日付でイギリス紙『スカイスポーツ』が報じている。

 2016ー17シーズン限りでクリスタル・パレスの指揮官を辞任していた“ビック・サム”ことアラダイス氏は、同時に監督業からの引退を表明していた。
 
 しかし、同メディアによるとアラダイス氏は、10月にブルース・アリーナ監督が辞任して以降、空席となっているアメリカ代表監督の就任に意欲を示しているとのこと。

 アメリカ代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア北中米カリブ海予選で5位に終わり、本戦出場を逃した。1月にはサッカー協会の会長選挙が行われる予定だが「選挙が行われるようだね。新しい会長が決まったその時、アメリカと話す機会を楽しみにしているよ」とアラダイス氏はコメント。

 さらに「代表チームはプレミアリーグのチームを率いるのとは全く異なる。1年に約10試合が行われ、選手やその他の状況を見るための時間が膨大にある」と、代表チームでの監督業続行の意思を明らかにした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る