2017.11.07

リトアニアで19歳のGKが自殺…1部チームに引き抜きも心的外傷に直面

ボール
19歳のGKが自殺する悲劇が起こった [写真]=Getty Images for Premier League
サッカー総合情報サイト

 リトアニアで19歳のGKが自殺するという悲劇が起こった。同国メディア『15min』が5日に伝えた。

 自殺が伝えられたのは、リトアニア出身のGKエルランダス・ドゥルシュリカス。ラドヴィリシュキスでキャリアをスタートさせ、今シーズンの開始前に1部リーグのトラカイに引き抜かれた。シーズン開始の3月から7月にかけて、セカンドチームで7試合に出場していたが、その後心的外傷に悩まされていたという。

 トラカイはフェイスブックを通して声明を発表。「トラカイのメンバーはドゥルシュリカスの家族や関係者に深い哀悼の意を表します。そして、困難や問題に対する手段として、自殺は正しくないと強調したいと思います。どんなにひどい絶望にも、いつかは終わりが訪れます」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る