2017.11.07

元イタリア代表MFピルロが現役引退「選手としての旅も終わりを迎えた」

ピルロ
ピルロが現役引退を表明した [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ニューヨーク・シティFCの元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが5日、自身のTwitterで現役引退を表明した。

 NYシティは同日、年間チャンピオンを決めるMLS(メジャーリーグ・サッカー)カップのプレーオフ準決勝セカンドレグでコロンバス・クルーに2-0で勝利したものの、2試合合計では3-4で敗退となり、シーズン終了を迎えた。

 今シーズン限りでNYシティ退団を明言していたピルロは、試合後に自身のTwitterにコメントを掲載し、現役引退を表明した。

「MLSでのラストマッチを終えた。NYシティでの時間も終えるため、少し言葉を残したい。この素晴らしい街で、優しさとサポートを示してくれたみんなに感謝したい。素晴らしいサポーターや、コーチングスタッフの方々、裏方の人たち、そしてチームメイトにありがとうと言いたい。NYでの冒険だけではなく、サッカー選手としての旅も終わりを迎えた」

「だからこそ、この機会に、常にサポートと愛情をくれた家族や子どもたち、プレーする名誉を与えてくれた全てのチーム、一緒にプレーすることに喜びを感じていた全てのチームメイト、僕のキャリアを素晴らしいものにしてくれた人々、そしていつもサポートしてくれた世界中のファンに感謝したい。今後も君たちは僕の味方であり、僕の心の中にいるよ」

 現在38歳のピルロは、1995年に地元ブレシアでプロデビューを飾り、その後、インテル、レッジーナなどでプレーし、2001年にミランへ移籍。当時チームを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督の下、2002-03シーズンにチャンピオンズリーグを制覇。翌03-04シーズンにはセリエA優勝も経験した。

 2011年夏にユヴェントスへ移籍すると、初年度からチームのセリエA優勝に大きく貢献。4年間で4連覇を達成したチームの中心選手として君臨し続けた。2015年夏にNYシティへ移籍し、3シーズンで62試合出場1ゴールをマークした。また、イタリア代表としては通算116試合に出場し、13ゴールを記録。2006年にドイツ・ワールドカップ優勝も果たした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング