2017.11.06

広州恒大、スコラーリ監督の退任を発表…今季もリーグ戦優勝に導く

ルイス・フェリペ・スコラーリ
広州恒大を退任することになったスコラーリ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 中国スーパーリーグの広州恒大は、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督が退任したことを発表した。5日、『ロイター通信』が伝えている。

 スコラーリ監督は2015年6月から広州恒大を指揮。就任1年目にリーグ制覇とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を成し遂げ、昨シーズンはリーグ戦とFAカップの2冠を獲得。今シーズンもリーグ戦を優勝し、リーグ7連覇を達成していた。

 退任することについてスコラーリ監督は「私のここでの物語は終わった」と語り、今後については次のように語っている。

「でも、私の中国での話は続くかもしれない。それについては注意深く考えていく必要がある。どこに行くかは誰にも分からない。だが、広州恒大が明るい未来になることを祈っているよ」

「今後中国に帰ってくるかは分からない。私はサッカーによって世界中のいろいろなところに行くことができた。でも、中国は今まで働いてきた中で、ベスト3に入るいいところだったよ」

 南米、ヨーロッパ、アジアと、各地域で指導してきたスコラーリ監督。次のキャリアはどこを選ぶのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る