FOLLOW US

本田圭佑が加入後初の1試合2得点…豪快左足弾は「新鮮で自分自身も驚いた」

パチューカ加入後初めて1試合2得点を記録した本田圭佑 [写真]=Jam Media/Getty Images

 パチューカ加入後初の1試合2得点を記録したFW本田圭佑が、有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』でゴールシーンを振り返った。

 強烈な一発だった。まずはパチューカの1点リードで迎えた35分、ペナルティエリア右でボールを持つと中へ切れ込み左足を一閃。「うまくかわせた。そういうチャンスはあるかなと今日はわかっていたんで。チャンスがきたら打ってみようと思っていた」と豪快なシュートを放った。

「打ったら入ったという感じでしたね。結果的にいいシュートがいって良かったなと思います。普段、ああいうゴールは俺は少ないから、新鮮で自分自身も驚きました」

 さらに前半終了間際の44分、味方からのスルーパスに反応する。「あんまりテクニックがあるタイプじゃないんで、スピードに乗りながらのファーストタッチというのはよくミスる」と話すが、このシーンでは「ファーストタッチでいいところに置けた」と相手GKのポジションを見極め、冷静にゴールへと流し込んだ。

「もしかしたら1点目を取っていたから、うまくリラックスできていたのかもしれない。ファーストタッチで勝負あったなと思います」

 本田の2得点もあり、パチューカは5-0と快勝。2部のサカテペクを下し、コパ・MX準々決勝進出を決めた。中3日で迎えた影響もあり61分に途中交代となったが、これで公式戦4試合連続で先発出場。1試合2得点と結果を残し、確かな信頼をつかみ始めている。

本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO