2017.10.16

試合前にひざまずく…原口のヘルタ、“反トランプ”プロテストに賛同

ヘルタ・ベルリン
シャルケ戦の前にひざまずくポーズを取ったヘルタ・ベルリンの選手たち [写真]=City-Press via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 14日に行われたブンデスリーガ第8節シャルケ戦の試合前、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンの選手、スタッフが取った行動に話題が集まっている。

 ヘルタ・ベルリンの面々は試合前、ひざまずくポーズを取った。同アクションは、ドナルド・トランプ大統領就任後、アメリカ国内で人種差別や警官による暴力が発生、増加している現状を憂慮するスポーツ選手たちが行っている『テイク・ア・ニー( #TakeAKnee)』キャンペーンの一環だ。

 現在、ヘルタ・ベルリンにはアメリカ代表GKジョナサン・クリンスマンが所属している。同選手の父親で、ドイツ史に残る伝説的ストライカーのユルゲン・クリンスマン氏もバラク・オバマ政権からトランプ政権への移行で、日常生活が不安定なものになっていると8日付のドイツメディア『スポーツ・ビルト』の中で明かしている。

 以上の流れを受けて、多様性を受け入れるメトロポールを自認するベルリンを本拠地とするヘルタ・ベルリンがアクションを起こした。ツイッター上では、トランプ大統領自身が「反吐が出るようなヘルタがシャルケに負けた。負け犬ども」と反応する一方で、世界中からリスペクトを示す反応を受けている。

 ヘルタ・ベルリンは公式サイトの中で「ヘルタ・ベルリンは多様性に賛同し、暴力に反対します。このことから、現在、アメリカ国内で行われているアスリートたちのプロテストに賛同し、差別に対抗する明確なサインを示します」と表明している。

 シャルケ戦を0-2で落としたヘルタ・ベルリンだが、プロスポーツクラブには競技以外にも役割があることも示した。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング