2017.09.09

レジェス、上海申花加入へ…アーセナルなどで活躍したMFが中国参戦

レジェス
中国行きを明言したレジェス [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨季限りでエスパニョールを退団した元スペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェスが、中国スーパーリーグに参戦するようだ。スペイン紙『アス』が8日付で伝えている。

 かつてセビージャやアーセナル、レアル・マドリードといったクラブで活躍してきたレジェス。2006 FIFAワールドカップ ドイツではスペイン代表の10番を背負った。だが近年は苦しい時間が続いており、2015-16シーズン限りでセビージャを、2016-17シーズン限りでエスパニョールを契約満了と、2年連続での憂き目に遭っている。

 今夏の移籍市場で新天地が決まらなかったレジェスだが、『アス』紙によれば上海申花への移籍が確実になっているようだ。同紙はレジェスのインタビューを掲載。同選手は「ほぼ決まっている。中国にプレーしに行くよ。まだいくつか細かな部分で解決しなければいけないところがあるけれど、次の2年間はそこでプレーするだろう」と話し、2年契約で上海申花に加わることを示唆した。

 上海申花は元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスやコロンビア代表MFフレディ・グアリンらを擁するクラブ。今シーズンはリーグ戦で16チーム中11位に沈んでいるが、果たしてレジェスは低迷するクラブの起爆剤となることができるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る