2017.06.26

日本代表の”天敵”ケーヒル、37歳で豪州代表通算100試合出場を達成

ティム・ケーヒル
代表通算100試合出場を達成したケーヒル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB最終節が24日に行われ、チリ代表とオーストラリア代表が対戦。この試合に先発出場したオーストラリア代表FWティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)が同代表通算100試合出場を達成したと、26日付のオーストラリア紙『SBS』が伝えている。

 59分にFWマシュー・レッキーと交代するまで出場していたケーヒルは、同試合を次のように振り返った。

「彼ら(チリ代表)は世界で最もハードワークをするチームの一つで、彼らと対戦することで我々のレベルを引き上げてくれたと思う。僕の仕事はチームを引っ張ることでもある。どんな敵であろうとプレッシャーに打ち勝たなければならない。そして僕たちは彼らを苦しめることができた。チームは今、プレースタイルを変えようとしているところだ。彼らはこれまで戦った中で一番難しい相手だった」とチリ代表が難しい相手だったことを明かした。

 ケーヒルはこれまで、代表通算48ゴールをマーク。日本戦には9試合で5ゴールを奪っており、日本代表の”天敵“としても知られている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る