2017.06.16

CL連覇のジダン監督が1位…監督ランキング、上位はイタリア人監督が独占

ジダン、コンテ、アッレグリ、アンチェロッティ
CL2連覇のジダン監督が1位 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 監督格付けサイト『Coach Reputation Ranking』が最新の監督ランキングを発表し、1位には史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が選ばれた。

『Coach Reputation Ranking』は約100個の要素を10のカテゴリーに分けて数値化し、監督の能力を目に見える形で評価しているサイト。獲得タイトルやキャリアといった項目のほか、SNSの活用度やメディアとの関係、ハグやアイコンタクトといったコミュニケーション手法、スポンサーを呼び込む力などを評価項目とし、多角的に評価を下している。

 現在44歳のジダン監督はキャリアやリーダーシップといった項目で高評価を獲得。その他の項目でも軒並み高評価を獲得し、100ポイント中82.1ポイントを得て1位に輝いた。

 2位に入ったのはCL決勝で惜しくも敗れたユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督。今シーズンは国内2冠を達成するなどキャリアの項目を大きく伸ばし、81.7ポイントを獲得した。ジダン監督との大きな違いは、自身ウェブサイトを持っており、情報発信に積極的なところ。ここでも評価を伸ばしている。

 3位にはチェルシーのアントニオ・コンテ監督、4位にはバイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が入り、上位をイタリア人監督が占めた。

 また代表監督として最高評価を獲得したのはスペイン代表を率いるフレン・ロペテギ監督。60.5ポイントを獲得し、全体で13位にランクインした。

 以下、20位までのランキング。(カッコ内はチーム/出身)

1位 82.1 ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード/フランス)
2位 81.7 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス/イタリア)
3位 80.3 アントニオ・コンテ(チェルシー/イタリア)
4位 78.7 カルロ・アンチェロッティ(バイエルン/イタリア)
5位 76.8 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード/アルゼンチン)
6位 67.7 マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム/アルゼンチン)
7位 67.4 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・C/スペイン)
8位 66.9 ウナイ・エメリ(パリ・サンジェルマン/スペイン)
9位 64.4 ユルゲン・クロップ(リヴァプール/ドイツ)
10位 62.8 レオナルド・ジャルディム(モナコ/ポルトガル)
11位 62.6 ルイス・エンリケ(バルセロナ/スペイン)
12位 61.8 ロナルド・クーマン(エヴァートン/オランダ)
13位 60.5 フレン・ロペテギ(スペイン代表/スペイン)
14位 60.4 ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・U/ポルトガル)
15位 60.1 ヨアヒム・レーヴ(ドイツ代表/ドイツ)
16位 54.4 チッチ(ブラジル代表/ブラジル)
17位 52.2 ルチアーノ・スパッレッティ(元ローマ/イタリア)
18位 51.3 ディディエ・デシャン(フランス代表/フランス)
19位 47.4 フェルナンド・サントス(ポルトガル代表/ポルトガル)
20位 41.4 アーセン・ヴェンゲル(アーセナル/フランス)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング