2017.04.25

EURO2012で準々決勝に進んだチェコ代表メンバー、突然の自殺…原因は不明

フランティシェク・ライトラル
自宅で死亡していたライトラル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トルコリーグのガズィアンテプスポルに所属していた元チェコ代表MFフランティシェク・ライトラルが自殺していたことが分かった。23日付のイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 トルコメディアによると、23日に彼が連絡なしで練習を休んだことを不審に思い、警察に連絡したところ自宅で死亡しているのを発見したようだ。

 同クラブは「残念ながら、自殺したというニュースは本当である。チームメイトは、彼が今日の練習に参加しなかったことを気にしていました。彼はいい情熱をもっており、何も問題はないように見えていた。本当になぜこのようなことになったのかは分からない」と誰も予期していなかったことで、原因は分からないようだ。

 同選手はまだ31歳で、チェコ代表にも13試合に出場しており、EURO2012で準々決勝に進んだチームの一員であった。チェコリーグのヴィクトリア・プルゼニに7年間所属し、2度リーグ優勝も達成。2016年からガズィアンテプスポルに加入していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る