2017.04.22

味の素株式会社のシンガポール法人“Ajinomoto”がシンガポールサッカー協会と提携

写真左より、Samurai Pte. Ltd. 斉藤泰一郎氏、Ajinomoto Singapore Pte. Ltd. 石井計多氏、シンガポールサッカー協会 Winston Lee氏、シンガポールサッカー協会 Michel Sablon氏
サッカー総合情報サイト

 味の素株式会社のシンガポール法人であるAjinomoto Singapore Pte. Ltd.(以下Ajinomoto)は、シンガポールサッカー協会(Football Association of Singapore 以下FAS)と提携し、シンガポールサッカー2部リーグに相当するNational Football League(以下NFL)へのスポンサー契約を締結したことを発表した。

 Ajinomotoは本提携を通じ、同リーグに所属する各選手達の競技レベル向上のために栄養面からのサポートを実施。具体的には全チームを対象とした栄養学講座として「“aminoVITAL” Nutrition Workshop」をひらき、栄養摂取を通じたコンディショニングやアミノ酸の効果などに関する講義などを展開する予定となっている。

 同リーグを日系企業がサポートすることは初めてのこととして注目されており、NFL開幕戦とあわせて開催された記者会見で、FASのWinston Lee氏(General Secretary)と Michel Sablon(Technical Director)から今回の提携を通じた期待が述べられた。また、Ajinomotoの石井計多氏(Managing Director)は「今回の提携を通じ、才能があり情熱をもった現地のサッカー選手達が身体能力を目指すにあたっての正しい栄養知識と“aminoVITAL”の効果を理解してもらい、ひいてはNFLが飛躍していくことを楽しみにしている」と述べている。

 また、今回の提携を通じて実施する各施策を、FASと協力して運営するスポーツマーケティング事業会社Samurai Pte Ltdの斉藤泰一郎氏は(Co-founder/Director)「23チームが所属するNFLは今後のシンガポールサッカーの活性化においてポテンシャルのあるリーグとなり、そのリーグに昨年より“aminoVITAL”のシンガポール展開を開始したAjinomoto様とともに貢献できる機会を得たことは大変光栄です。選手たちの栄養管理やリーグのパブリシティについてはまだまだ伸びしろを感じており、各取組みを通じシンガポールサッカーへの貢献と“aminoVITAL”の製品知識を広めることに尽力していきたい」と述べている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る