2017.03.22

ベルギーを“世界1位”に導いたヴィルモッツ氏、コートジボワール代表監督に就任

ヴィルモッツ
コートジボワール代表監督就任が決まったヴィルモッツ氏 [写真]=UEFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コートジボワールサッカー連盟は21日、同国代表監督にマルク・ヴィルモッツ氏が就任したことを公式サイトで発表した。

 コートジボワール代表は、1月に行われたアフリカ・ネーションズカップ2017でグループステージ敗退に終わり、ミシェル・デューサ前監督が辞任。後任として2016年夏までベルギー代表を指揮していたヴィルモッツ氏と、延長オプション付きの2年契約を締結した。

 ヴィルモッツ氏は、2012年から約4年間にわたって母国のベルギー代表を指揮。自身が現役時代に出場した2002年の日韓ワールドカップ以来、国際大会から遠ざかってたベルギー代表を2014年ブラジルW杯出場に導き、ベスト8入りを果たした。就任当時、FIFAランキングは54位だったが、2015年11月に史上8カ国目となる1位まで引き上げた。だが、優勝が期待された昨夏のユーロ2016ではベスト8に終わり、大会終了後に契約解消となっていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る