FOLLOW US

トーゴ代表FWが“英雄的行為”で命救う 失神した相手GKの舌を引き出す

試合中に失神したGKバーコヴェック(写真は2016年8月) [写真]=Photonews via Getty Images

 チェコで行われた試合中に失神して倒れたGKの命を救った相手チームの選手が行った応急処置が、“英雄的行為”として話題となっている。26日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 チェコ1部リーグ第18節が26日に行われ、ボヘミアンズ1905とスロヴァコが対戦。同紙によると、同試合の30分ごろにエリア付近左でボヘミアンズのチェコ人GKマルティン・バーコヴェックと味方DFが接触。バーコヴェックは仰向けに倒れ、失神したようだ。

 すると、近くにいたスロヴァコのトーゴ代表FWフランシス・コネがバーコヴェックに駆け寄り、飲み込みそうになっていた舌を引き出す応急処置を行った。その後、病院に運び込まれてCT検査が行われたが、命に別状はなかったという。

 バーコヴェックは自身のフェイスブックを更新し、「僕はフランシス・コネに感謝したい。今日の試合で応急処置をしてくれた。無事でホッとしているし、改めてありがとうと言いたい」と綴り、命の恩人に感謝の言葉を伝えた。

 また、コネは同様の処置を過去にも行ったことがあると明かし、「これで4度目だね。タイで1度、アフリカで2度行ったことがある。舌を飲み込んでいないかいつも確認しているんだ」と話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA