2017.02.16

UAEの「髪型」に関するルールが物議…アフロの“天才司令塔”だけ特別扱いか

アブドゥルラフマン
アフロがトレードマークのオマル・アブドゥルラフマン [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 サッカー選手にとって、ヘアスタイルは個性を表現する一つの手段だ。特徴的な髪型にすることで、自身の存在をより印象付けることができる。そんな髪型に関する少し変わったニュースをアメリカメディア『FOX SPORTS』が伝えていた。

 記事によれば、UAE(アラブ首長国連邦)サッカー協会がこのほど新しいルールを発表したのだが、その内容は「倫理的に相応しくない髪型を禁止する」というもの。

 このルールに抵触するヘアスタイルの選手は現在47人おり、上海上港からアル・アハリへレンタル移籍中のガーナ代表FWアサモア・ギャンもその一人であるという。

ギャン

アフリカ・ネーションズカップに出場したガーナ代表FWギャン [写真]=Icon Sport via Getty Images

 先日行われたアフリカ・ネーションズカップ2017に出場していたギャンの髪型は、剃り込みこそ入っているものの、そこまで奇抜という印象は受けなかったのだが…。そして何より、派手な髪型こそギャンの代名詞だ。

 一方、不思議なことにこのルールでは、UAEの天才司令塔で“至宝”とも言われるアル・アイン所属のMFオマル・アブドゥルラフマンだけが例外となっているようだ。同選手はボリュームあるアフロヘアーがトレードマークだが、これまで通り認められるという。

 そして、これが物議を醸している。

 同国のプロリーグにはアフロヘアーをした選手が他にもおり、アル・ワフダのMFスハイリ・アル・マンスーリもその一人。アブドゥルラフマンには例外が認められている一方、アル・マンスーリは髪型を変更しなければならないようで、この「特別扱い」に不満の声が挙がっている模様だ。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る