2017.02.13

ファン・ペルシーに2試合の出場停止、得点後のパフォーマンスに波紋

ファン・ペルシー
挑発行為をしたファン・ペルシー(左) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スュペル・リグ(トルコ1部)のフェネルバフチェに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーに、2試合の出場停止処分が下った。12日付のイギリス紙『サン』が報じている。

 ファン・ペルシーは5日に行われたトルコカップ決勝トーナメント1回戦のベジクタシュ戦に先発出場。スコアレスで迎えた71分に先制ゴールを決め、チームを1-0の勝利に導く活躍を見せた。

 波紋を呼んだのは得点後に行ったゴールパフォーマンス。ファン・ペルシーはベジクタシュのトルコ代表MFオウズハン・オズヤクプの方へ駆け寄ると、オズヤクプの目の前で“ひざ滑り”を行ったのだ。報道によると、この件で同選手は3試合の出場停止を言い渡されたが、クラブ側の抗議により、2試合の出場停止処分が下されたという。

 侮辱とも言える行為を受けたオズヤクプは試合後、このことに関してコメント。ファン・ペルシーとの絶交を宣言し、怒りの感情を露わにしている。ここまで公式戦10ゴールと好調を維持する同選手だが、自らの行為で水を差す形となってしまった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る