2017.01.31

【コラム】代表攻撃陣に求められる得点、シーズン後半戦で躍動を…清武の去就にも注目

シーズン後半戦で結果が求められる海外日本人選手たち [写真]=Getty Images
スポーツライター。日本代表の国際Aマッチは、2000年3月からほぼ全試合を現地取材。

 ヨーロッパで英気を養っているヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、思わず頬を緩ませるようなニュースが立て続けに飛び込んできた。昨年11月の2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア戦で日本代表に新風を吹き込んだ海外組が、所属クラブで結果を残したのだ。

 ヤング・ボーイズからヘントへ移籍した日本代表FW久保裕也は、新天地で鮮烈なデビューを飾った。ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)首位のクラブ・ブルージュ戦でスタメン起用され、先制点となる直接FKを叩き込んだのだ。

 Jリーグでプレーしていた当時やU-23日本代表での久保は、フリーキッカーのイメージを抱かせなかった。鮮やかな弧を描いた右足の一撃は、新たな可能性を示す意味でもインパクトの大きなゴールだっただろう。

 もっとも、冬の移籍で加入した選手は、チームに足りない部分を補強する存在だ。「いきなりスタメンで起用され、すぐに結果を残した」といった表現が使われがちだが、クラブ側は即戦力として獲得している。「いきなり」も「すぐに」も、ヘントの首脳陣からすれば織り込み済みなのだ。

 ベルギーの1部リーグは16チームで争われ、トップ6がチャンピオンシップラウンドと呼ばれるプレーオフへ進出する。久保のヘントは24試合終了時で6位につけており、4位とは勝点1差、5位とは同勝点、7位とは勝点1差というポジションだ。レギュラーシーズンが残り6試合となったなかで、来季のチャンピオンズリーグ出場をかけるプレーオフへの進出は予断を許さない。新加入選手の久保には、はっきりとした結果が求められるのだ。スタートは申し分のないものとなったが、23歳のアタッカーはさらにアクセルを踏み込んでいかなければならない。

今冬にヘント移籍を決断した久保 [写真]=Getty Images

今冬にヘント移籍を決断した久保 [写真]=Getty Images

 ドイツのブンデスリーガでは、ケルンの日本代表FW大迫勇也が2ゴール1アシストを記録した。6-1の快勝に貢献したものの、対戦相手は最下位のダルムシュタットだ。ここで結果を出さなければどの相手からゴールを奪うのか、というカードである。ある意味では当然の活躍、と受け止めるべきだろう。

ダルムシュタット戦で2ゴールをマークした大迫 [写真]=Getty Images

ダルムシュタット戦で2ゴールをマークした大迫 [写真]=Getty Images

 ペーター・シュテーガー監督の信頼をつかんだ今シーズンの大迫は、フランス人FWアントニー・モデストと補完性の高い2トップを形成している。モデストが得点ランク2位の14ゴールをあげているのも、大迫の直接的なアシストがあり、間接的なサポートもあるからに他ならない。

 物足りなさがあるとすれば、大迫自身の得点数だ。ダルムシュタット相手の2発で、今シーズンのブンデスリーガ通算得点数はようやく「4」となった。ストライカーとしては、さらにペースをあげていく必要がある。

 アシストをコンスタントに記録しても、守備の献身性をアピールしても、得点が少なければストライカーの立場は安定しない。逆説すれば、ゴールは何ものにも優る説得材料となる。1860ミュンヘンからケルンへ移籍したのも、冬の移籍で加入しながら6ゴールをマークしたのがアピールとなったからだ。シーズン開幕から好調を維持しているだけに、大迫にはドイツで自身初となる2桁得点を記録してほしいものだ。

 ゴールが求められるのは、日本代表MF原口元気にも共通する。ヘルタ・ベルリンでプレーするこの25歳は、ウインターブレイク後の2試合でスタメンから外れている。積極的な仕掛けとアシスト、攻守におけるハードワークはパル・ダルダイ監督に認められているものの、いまだにノーゴールなのだ。

 消化試合数が少ない時期ならともかく、すでにシーズンは折り返している。それでもなお無得点というのは、ポジティブな評価に黒い染みを落とすようなものだ。分かりやすい結果を残すことで、巻き返しを図ってほしいものである。

原口は所属クラブでノーゴールが続く [写真]=Getty Images

原口は所属クラブでノーゴールが続く [写真]=Getty Images

 去就が気になるのは日本代表MF清武弘嗣だ。

 セビージャで苦闘する彼には、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、MLS(メジャー・リーグ・サッカー)のクラブ、それにJリーグの複数クラブが興味を示していると言われる。セビージャ残留の可能性も、もちろんある。

 欧州のマーケットが期限を迎える1月31日までに、清武は新たな戦いの場所を見つけられるのか。それとも、セビージャで捲土重来を期すのか──欧州のマーケットにとどまる意味は見落とせず、現実的には欧州でのプレーを続けるだろう。

去就に注目が集まる清武 [写真]=Getty Images

去就に注目が集まる清武 [写真]=Getty Images

 ロシアW杯アジア最終予選で、チーム内競争を高めてきた彼らの状況は、ハリルホジッチ監督のチームにも無関係でない。それぞれのパフォーマンスを、注意深く見つめていく必要があるだろう。

文=戸塚啓

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング