2017.01.27

久保、ヘントで新たな挑戦へ「成長できる可能性がある」…背番号は「31」

久保裕也
ヤング・ボーイズからヘントに移籍した久保裕也 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ベルギーのヘントに移籍した日本代表FW久保裕也が26日、新天地で入団記者会見に出席した。クラブ公式サイトが伝えた。

 クラブ史上初の日本人選手となった久保は「ヘントはポゼッションをするチームで、魅了的なサッカーをしていると思います。自分がもっとサッカーの面で成長できると思ったのと、成長したいという思いが強くてここにきました。スイスよりハイレベルなところでプレーしたかった。個人的にもこのチームでプレーできれば、伸びる可能性がすごくあると感じたし、代表に繋がると思いました」と移籍理由をコメント。

 移籍金はクラブ史上でも最高額の1人との指摘に「プレッシャーは感じていないですけど、それだけの期待はされていると思うので、責任は感じています」と語った。

 また、新天地での背番号は「31」に決まった。プロ生活をスタートさせた京都サンガF.C.やヤング・ボーイズでも着用した馴染みの番号を自ら望んだという久保は「日本でキャリアをスタートしたときが31だったので、縁起がいいからです」と説明した。

 久保は前日25日に移籍が発表され、翌26日の午前にはすでにチーム練習に合流。ヘントは29日に行われるジュピラー・プロ・リーグ第24節でクラブ・ブルージュをホームに迎えるが、「可能であれば、僕は気持ち的には出るつもりでいます」と出場へ意欲を見せた。

 そして、地元ベルギーのファンには「チームの勝利のためにできる限りのプレーを全力でするので応援して欲しいです」と呼びかけ、日本のファンには「ベルギーで僕が活躍して日本にいいニュースを届けたいです」とメッセージを送った。

 同席したイヴァン・デ ウィット会長は、「クボには前から興味を持っていた。この移籍が実現してとても誇りに思うよ。クボのクオリティを確信している」とコメント。さらに久保の獲得を「商業的な理由ではない」と断言し、即戦力としての補強を強調した。さらに会見中には久保に対して「ユウヤ、君は成長するためにきたと言っているが、僕らは君がチームを成長させてくれることも望んでいるよ」と語り笑いを誘うと、これには久保も「もちろんです。まずチームのためにプレーして、その先に個人の成長があると思うので」と返した。

 また、ヘントのディレクターは「クボはキャリアの次のステップとしてベルギーが最適と見ていた。まだドイツなどの主要リーグで戦うには早いと知っていて、キャリアの計画をしっかり立てている。1月の初めから交渉を始めたが、中旬頃に別のベルギーのビッグクラブが突然興味を示してきた。そのクラブが彼の代理人に連絡をとっていたようだが、ユウヤはヘントを選んでくれた」と移籍の裏話を明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る