2017.01.20

サッカークラブ長者番付、昨年11連覇のレアルが首位陥落…約845億円でトップは?

2015-16シーズンの“デロイト・フットボール・マネー・リーグ”が発表された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 監査法人デロイトが、2015-16シーズンにおける世界のサッカークラブの収入ランキング「デロイト・フットボール・マネー・リーグ」を発表した。

 昨年、11年連続で世界一となったレアル・マドリードが首位から陥落。代わってマンチェスター・Uが2003-04シーズン以来、12年ぶりのトップ返り咲きを果たした。

 マンチェスター・Uは2014-15シーズンに年間収入5億1950万ユーロ(約637億円)で3位に入ったが、2015-16シーズンには6億8900万ユーロ(約845億円)に伸ばしてトップに浮上。内訳は20パーセントがマッチデー収入、27パーセントが放映権収入、そしてスポンサー契約料などの商業収入が前回から約1億ユーロ(約123億円)増加して53パーセントを占めた。

 レアル・マドリードは2014-15シーズンの年間収入5億7700万ユーロ(約707億円)から、6億2010万ユーロ(約760億2000万円)に増加したものの、マンチェスター・Uと6億2020万ユーロ(約760億4000万円)を記録したバルセロナに次いで3位に転落した。

 国別では、イングランドから最多8クラブがトップ20入り。2015-16シーズンに“奇跡の優勝”を果たした日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターが20位に入り、初のランクインを果たした。

 収入上位20クラブは以下のとおり。

1位 マンチェスター・U(イングランド) 6億8900万ユーロ(約845億円)
2位 バルセロナ(スペイン) 6億2020万ユーロ(約760億円)
3位 レアル・マドリード(スペイン) 6億2010万ユーロ(約760億円)
4位 バイエルン(ドイツ) 5億9200万ユーロ(約726億円)
5位 マンチェスター・C(イングランド) 5億2490万ユーロ(約644億円)
6位 パリ・サンジェルマン(フランス) 5億2090万ユーロ(約639億円)
7位 アーセナル(イングランド) 4億6850万ユーロ(約574億円)
8位 チェルシー(イングランド) 4億4740万ユーロ(約549億円)
9位 リヴァプール(イングランド) 4億380万ユーロ(約495億円)
10位 ユヴェントス(イタリア) 3億4110万ユーロ(約418億円)
11位 ドルトムント(ドイツ) 2億8390万ユーロ(約348億円)
12位 トッテナム(イングランド) 2億7970万ユーロ(約343億円)
13位 アトレティコ・マドリード(スペイン) 2億2860万ユーロ(約280億円)
14位 シャルケ(ドイツ) 2億2450万ユーロ(約275億円)
15位 ローマ(イタリア) 2億1820万ユーロ(約268億円)
16位 ミラン(イタリア) 2億1470万ユーロ(約263億円)
17位 ゼニト(ロシア) 1億9650万ユーロ(約241億円)
18位 ウェストハム(イングランド) 1億9230万ユーロ(約236億円)
19位 インテル(イタリア) 1億7920万ユーロ(約220億円)
20位 レスター(イングランド) 1億7210万ユーロ(約211億円)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る