2017.01.16

セネガルが今大会初白星…アルジェリアはマフレズが2得点もドロー/アフリカ選手権

アフリカ・ネーションズカップ2017がガボンで開催されている。 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アフリカ・ネーションズカップ2017のグループステージが15日に行われ、グループBの2試合が行われた。

 グループBはアルジェリア、ジンバブエ、チュニジア、セネガルの4カ国が突破を争う。第1試合ではアルジェリア代表とジンバブエ代表が対戦。試合は序盤からジンバブエが猛攻を仕掛ける。10分、左サイドからカーマ・ビリアトがロングシュートを放ったが、ここは右ポストを直撃した。すると先制したのはアルジェリアだった。12分、右サイドを突破したリヤド・マフレズがカットインから左足シュートを沈めた。しかし、17分にジンバブエのクダクワシェ・マハチが左足シュートを決め、すぐさま同点に追いつく。さらに29分、アルジェリアのモフタル・ベルヒテルがエリア内でファウルを犯し、ジンバブエにPKが与えられる。これをナシャ・ムシェクウィがゴール左に決め、逆転に成功した。

 その後もジンバブエが決定機を迎えたが、アルジェリアはGKライス・エンボリを中心にしのぐと、82分に待望のゴールが生まれる。敵陣中央でボールを持ったマフレズが個人技からミドルシュートを放つ。ワンバウンドしたボールがゴール左に決まり、アルジェリアが同点に追いついた。試合はこのまま2-2のドローに終わった。

 第2試合ではチュニジア代表とセネガル代表が対戦した。試合はセネガルが先制に成功する。10分、シェイフ・クヤテがエリア内でアイメン・アブデヌールに倒されてPKを獲得。これをサディオ・マネがゴール左下に決めてリードを奪った。さらに30分、右CKからカラ・エンボジがヘディングシュートを決めてリードを2点に広げる。後半はチュニジアが猛攻を仕掛けたが、そのまま2-0で逃げ切ったセネガルが今大会初勝利を手にした。

 この結果、グループBの首位はセネガルで、2位はアルジェリアとジンバブエ。チュニジアは最下位からのスタートとなった。

■グループB
アルジェリア 2-2 ジンバブエ
チュニジア 0-2 セネガル

■グループB(試合数/勝ち点/勝/分/負/得失点)
1 セネガル(1/3/1/0/0/2)
2 アルジェリア(1/1/0/1/0/0)
2 ジンバブエ(1/1/0/1/0/0)
4 チュニジア(1/0/0/0/1/-2)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る