2017.01.10

FIFA女子年間最優秀選手賞はアメリカ代表MFロイドが2年連続受賞

ロイド
女子最優秀選手のロイド(右から2人目)と女子最優秀監督のナイト監督(左から2人目)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日、スイス・チューリヒで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」を開催し、女子の最優秀選手と最優秀監督を発表した。

  FIFAが今年度から新設した「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」の最優秀選手賞と監督賞は、各国代表の監督とキャプテン、全世界200以上のメディアによる投票に加え、新たにファンのオンライン投票も反映している。

 女子最優秀選手賞には、ヒューストン・ダッシュ所属のアメリカ女子代表MFカーリー・ロイドが輝いた。ロイドは投票の20.68パーセントを獲得し、バイエルンのドイツ女子代表MFメラニー・ベーリンガー、ローゼンゴード所属のブラジル女子代表FWマルタを抑えて、2年連続の受賞を果たした。

 また、女子最優秀監督賞は、リオデジャネイロ・オリンピックでドイツ女子代表を金メダルへ導いたジルフィア・ナイト監督が投票率29.99パーセントで選出。その他の最終候補には、スウェーデン女子代表を率いるピア・スンドハーゲ監督、アメリカ女子代表を率いるジル・エリス監督がノミネートされていた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る