2016.12.28

世界最優秀主審賞にクラッテンバーグ氏が輝く…CL決勝やユーロ決勝を担当

マーク・クラッテンバーグ
今年の世界最優秀主審賞に輝いたマーク・クラッテンバーグ氏 [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2016年の世界最優秀主審賞に、マーク・クラッテンバーグ氏が選出された。イギリス紙『デイリーメール』が27日付で伝えている。

 イギリス人のクラッテンバーグ氏は現在41歳。2015-16シーズンのFAカップ決勝やチャンピオンズリーグ決勝、さらにはユーロ2016決勝といった多くのビッグゲームで主審を務めたことが評価されての受賞となった。

 同紙はクラッテンバーグ氏のレフェリングについて、「状況に関係なく、あらゆる試合をコントロールする優れた能力を見せた」と評価している。

 さらに同紙はユーロ2016 チェコ対クロアチアの一戦でクラッテンバーグ氏が主審を務めた際の出来事を紹介。フーリガンがピッチに火を放つのを見るや否や、同主審は素早く選手を炎から遠ざけて試合を数分間中断させた。この対応をクラッテンバーグ氏の的確な判断として取り上げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る