2016.12.20

飛行機墜落事故を受けて…ブラジルとコロンビアが来年1月に慈善試合を開催

飛行機墜落事故を受け、慈善試合が開催されることが決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は19日、シャペコエンセの選手・関係者らを乗せた飛行機が墜落した事故を受けて、来年1月25日にブラジル代表とコロンビア代表による慈善試合を開催すると発表した。

 11月28日に発生した飛行機墜落事故では、コパ・スダメリカーナ決勝の試合地であるコロンビアのメデジンへ向かっていたシャペコエンセの選手や関係者ら71名が帰らぬ人となった。CBFのナショナルチームコーディネーターを務めるエドゥ・ガスパール氏は「この試合は事故の犠牲者のために組まれた試合であり、我々は多くを失った遺族を助けることを望んでいる」と話し、試合の収益を犠牲者の遺族に寄付する意向を表した。

 なお、慈善試合の同日には、事故発生以降初めてシャペコエンセが公式戦を行うことになっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る