2016.12.19

昨季までミラン所属のDFアレックスが現役引退へ「家族と話して決めた」

アレックス
昨季までミランでプレーしていたDFアレックス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨シーズン限りでミランを退団し、未所属となっていた元ブラジル代表DFアレックスが現役引退を表明した。18日、イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が伝えている。

 同メディアによるとアレックスは、「再びピッチに戻るためには手術が必要で、そうすれば9カ月のリハビリをこなさなければならない。家族と話し合い、サッカーを離れることに決めたよ」と、引退を決意したことを明かした。

 現在34歳のアレックスは2002年にサントスでプロデビューし、2004年にはチェルシーへ加入したが、就労条件の問題でプレーすることができず、同年にPSVへレンタル移籍した。その後は、2007年にチェルシー復帰を果たして2012年までプレー。パリ・サンジェルマンを経て2014年にミランへ加入し、2年間プレーした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る