2016.12.14

「常識と敬意を欠いている」…スポルティング、週4回のドーピング検査に憤慨

スポルティングは、12月7日から13日の間に4度のドーピング検査を受けたようだ [写真]=NurPhoto via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 スポルティングのメディカルディレクターを務めるフレデリコ・ヴァランダス氏が、1週間で4回ものドーピング検査が行われたことに対し、ポルトガルのアンチドーピング機構に苦言を呈する声明を発表した。13日付のポルトガル紙『オ・ジョーゴ』が伝えている。

 ヴァランダス氏によれば、12月7日、8日、11日、13日に採血や検尿によるドーピング検査が行われたという。検査の対象となった選手は毎回異なっていたようだが、ポルトガル代表FWジェルソン・マルティンスや同代表MFアドリエン・シルヴァなどの10選手は、この1週間で2度の検査を受けたとされる。ヴァランダス氏は短期間で連続して検査が行われたことに対し、「医学的な常識と敬意を欠いている」と語り、アンチドーピング機構を痛烈に非難した。

 なお13日には、翌日にポルトガルのリーグカップに当たる「タッサ・ダ・リーガ」の試合(ヴィトーリア戦)が控えていたにも関わらず、22時半に検査が行われたという。ヴァランダス氏は「スポルティングのメディカルスタッフとして10年間働いてきたが、こんなことは初めてだ。検査は試合後や翌日に行えるのではないか」とコメントし、検査実施のタイミングについても疑問を投げかけた。

「我々はもちろん、ドーピング検査を行うことに対しては賛成している。しかし、このような対応は非常に残念だ」と、ヴァランダス氏はアンチドーピング機構に対して改善を求めている。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る