2016.11.24

ジェラードが引退を発表…18年の選手生活に終止符「すべての人に感謝」

今年1月、リヴァプールのスペシャルマッチに出場するジェラード [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、現役引退を発表した。24日、『スカイスポーツ』など各メディアが報じている。

 すでに今シーズン限りでのロサンゼルス・ギャラクシーからの退団が発表されていたジェラードについては、来年以降も現役を続行するのかについて大きな注目が集まっていた。

 そして24日、ついに同選手は現役からの引退を発表した。去就については、古巣・リヴァプールへの復帰やイングランド3部に所属するMKドンズ指揮官就任などが噂されている。

 ジェラードは自身の公式インスタグラムで声明を発表。冒頭で「僕自身の将来について様々な憶測がメディアを飛び交う中、プロフットボール選手としての現役引退を決意した。素晴らしいキャリアを過ごさせてくれたリヴァプール、ロサンゼルス・ギャラクシー、そしてイングランド代表に感謝しているよ。このようなキャリアを過ごせたことはとても運が良かったと感じているし、沢山の人の支えがなければ何一つ可能ではなかっただろう」とコメントし、その後自身の現役生活を振り返っている。

Following recent media speculation surrounding my future I can confirm my retirement from playing professional football.I have had an incredible career and am thankful for each and every moment of my time at Liverpool, England and LA Galaxy. I feel very fortunate to have had the career I've had but none of it would have been possible without the support of so many people. Firstly, I would like to thank everyone at Liverpool Football Club. I am proud to have played for and captained Liverpool for so many years and to have achieved what we achieved during my time at the club. I was lucky to play alongside some great players and under some fantastic managers during my time at Anfield and would like to thank each and every one of them, as well as all of the backroom staff at the club for the fantastic support they showed me. I would like to say a special thank you to Steve Heighway, Dave Shannon and Hugh McAuley for believing in me when I was making my way at Liverpool and for giving me the platform to go on and fulfil my dreams. Thank you to the amazing fans of Liverpool, England and LA Galaxy for the incredible backing you have given me throughout my career. Your loyalty and support has meant the world. I would like to thank Struan Marshall, my agent throughout my career, and the team at Wasserman for all of their support over the past 18 years. I feel lucky to have had such a close group of friends that I have always been able to count and rely on throughout the course of my career. Thank you to all of you. Finally, the most important thank you; to my family. I cannot thank my Mum, Dad and brother Paul enough for their unconditional support over the years, it has meant everything to me. To my wife Alex and children Lily, Lexie and Lourdes, thank you for the constant love and support you’ve shown me. You’ve been there through the good times and the bad and without you nothing would have been possible. Thank you for everything. I am excited about the future and feel I still have a lot to offer the game. I am currently taking my time to consider a number of options and will make an announcement with regards to the next stage of my career very soon.

A photo posted by Steven Gerrard (@stevengerrard) on

 リヴァプールについては「あれだけ長いことプレーし、キャプテンを務めさせてもらえたこと、そして成し遂げたすべてのことを誇りに思っている。アンフィールドで素晴らしい選手、監督とともにプレーできたのはとてもラッキーな事だったし、裏方のスタッフも含めてサポートしてくれたすべての人に感謝したい」と、デビューから長年所属した古巣への思いを語った。

 ファンに対しては「キャリアを通じて支えてくれた、リヴァプール、イングランド代表、ロサンゼルス・ギャラクシーの素晴らしいファンにもお礼を言いたい。その忠誠心やサポートは、僕にとって全てだった」とコメント。また、「無条件のサポートを送り続けてくれた両親や兄弟には、感謝してもしきれない。妻のアレックス、娘のリリー、レキシー、ルーデスが示し続けてくれた愛と支えにも感謝している。いい時も悪い時も支えてくた君たちがいなければ、何一つ叶わなかっただろう」と家族への惜しみない感謝を述べた。

 36歳のジェラードは、1998-99シーズンにリヴァプールのトップチームへ昇格し、1年目からリーグ戦12試合に出場するなどインパクトを残す。その後は主軸としてチームを牽引し、04-05シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグの決勝でミランに勝利し欧州制覇も経験した。2000年にデビューしたイングランド代表でも2006年のドイツ・ワールドカップから3大会に出場したほか、キャプテンも務めるなど中心選手として活躍。14-15シーズンを最後にリヴァプールを退団しメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに加入すると、今シーズンは24試合に出場し3ゴールを挙げていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る