2016.11.17

本田のMLS移籍、可能性は“45%” 米メディア「欧州にいたいようだが…」

本田圭佑
MLS移籍の噂が再浮上しているミランの本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランに所属する日本代表MF本田圭佑がMLS(メジャーリーグ・サッカー)に移籍する可能性は「45パーセント」だと、アメリカメディア『ESPN』が16日に報じた。

 今シーズンここまでセリエAで3試合(先発は1試合)の出場にとどまっている本田。チームは17歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマ、18歳のMFマヌエル・ロカテッリ、22歳のFWスソ、21歳のFWエムバイェ・ニアンなど若手選手の活躍により、確実に世代交代が進んでおり、現在30歳の本田にも退団の噂が挙がっていた。

 今年1月にもMLSへの移籍を報じられ、本田はアメリカでサッカー教室を開いた際に同国メディア『FOX』に対し、「選手としても、MLSにとても興味があります。しかし、プレーすることになるかどうかは分かりません。MLSは世界の中でも発展しているリーグですし、MLSには有名な選手もたくさんいますね」とコメントしていた。

『ESPN』は、現在報じられている移籍の噂について可能性を評価しており、本田のMLS移籍は「45パーセント」として次のように説明した。

「日本人MFとミランの契約は2017年6月に満了を迎え、彼の争奪戦もヒートアップしつつある。ホンダはヨーロッパに留まりたいようだが、よりよいオファーがくるのはほぼ間違いなく中国かMLSだろう。昨年、D.C. ユナイテッドがホンダの獲得に興味を持っていたものの、移籍金が高額すぎて断念。今は移籍金を支払わなくてよくなるが、財政的により現実的な契約を求めるだろう」

 なお、本田の他にも、ドンナルンマのマンチェスター・C移籍は「15パーセント」、ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの来夏リーガ・エスパニョーラ行きは「10パーセント」と見込まれている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る