2016.11.10

審判委員長の自宅で放火事件か…ギリシャのリーグ戦全試合が無期限延期に

今季のギリシャ・スーパーリーグで首位に立つオリンピアコス [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ギリシャサッカー連盟(EPO)が、国内のリーグ戦とカップ戦など全てのコンペティションの試合を無期限延期とすることに決めたようだ。9日、大手メディア『BBC』が伝えている。

 同メディアによると、延期の理由は審判団の委員長を務めるヨルゴス・バイカス氏の自宅が放火事件に遭った疑いがあるからだという。事件当時、バイカス氏やその家族は家にいなかったようだ。

 EPOはギリシャ国内のリーグ戦やカップ戦などを無期限延期することを発表。放火の原因がわかるまで、再開する見込みはないと伝えている。また、「バイカス氏と連携を取って、どんな形でもサポートしていく」との声明も出した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る