2016.11.10

計5人が負傷、オランダ対ベルギーはドロー決着…アザール兄弟が初共演

オランダがクラーセン(7番)のPKで先制した [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際親善試合が9日に行われ、オランダ代表とベルギー代表が対戦した。

 両チームともに2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選を13日に控えており、それに向けての調整となる一戦。オランダはガラタサライに所属するMFウェスレイ・スナイデルやトッテナムに所属するFWフィンチェント・ヤンセンらがスタメン入り。一方のベルギーはチェルシーに所属するエデン・アザール、マンチェスター・Cに所属するMFケヴィン・デ・ブライネ、アトレティコ・マドリードに所属するMFヤニック・フェレイラ・カラスコらが先発メンバーに名を連ねた。約1年ぶりの代表復帰となったマンチェスター・CのDFヴァンサン・コンパニもスタメン入りしたが、直前のウォーミングアップで負傷し、代わりにワトフォードのDFクリスティアン・カバセレが入った。

 試合は序盤からホームのオランダにアクシデントが続く。15分、スタイン・スハールスが負傷交代。さらに27分、ヤンセンも負傷し、バス・ドストとの交代を余儀なくされた。

負傷交代したFWヤンセン [写真]=VI Images via Getty Images

負傷交代したFWヤンセン [写真]=VI Images via Getty Images

 早くも交代カードを2枚切ったオランダだったが、先制に成功する。38分、イェレマイン・レンスがエリア内で後ろから倒されてPKを獲得。キッカーのダフィ・クラーセンが真ん中に蹴り込んだ。前半はこのままオランダ1点リードで折り返す。

 後半、流れを変えたいベルギーはドリース・メルテンスとデ・ブライネを下げて、ロメル・ルカクとトルガン・アザールを投入。E・アザールとT・アザールは兄弟として初めてベルギー代表で同じピッチに立った。

 すると82分、ベルギーが試合を振り出しに戻す。エリア外中央で細かいパス交換でT・アザールからパスを受けたカラスコが、左足を思い切りよく振り抜く。ボールは相手DFに当たってGKの頭上を抜き、ゴールネットに吸い込まれた。

カラスコが同点ゴールを奪い、ルカク(右)がすぐにボールを持ち帰った [写真]=VI Images via Getty Images

カラスコが同点ゴールを奪い、ルカク(右)がすぐにボールを持ち帰った [写真]=VI Images via Getty Images

 試合はこのまま1-1で終了。オランダはスハールス、ヤンセン、レンスの3名、ベルギーはコンパニとトーマス・ムニエと、両チーム合わせて5人の負傷者が出てしまい、W杯欧州予選に向けて後味の悪い試合となってしまった。

13日に行われるW杯欧州予選で、オランダは敵地でルクセンブルク代表と、ベルギーはホームでエストニア代表と対戦する。

【スコア】
オランダ代表 1-1 ベルギー代表

【得点者】
1-0 38分 ダフィ・クラーセン(オランダ)
1-1 82分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(ベルギー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る