2016.11.05

元独代表GKヴィーゼがついにWWEデビュー! 夢の初戦を勝利で飾る

ヴィーゼ
デビュー戦を勝利で飾ったヴィーゼ氏(中央)。左がセザーロ、右がシェイマス [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元ドイツ代表GKティム・ヴィーゼ氏が3日、アメリカのプロレスリング団体「WWE」でついにデビューを果たした。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 現在34歳のヴィーゼ氏は、サッカー現役時代にカイザースラウテルン、ブレーメン、ホッフェンハイムなどでプレー。2008年にはドイツ代表に初招集を受けると、2010年の南アフリカ・ワールドカップではバイエルン所属のGKマヌエル・ノイアーに次ぐ第2GKとして選ばれていた。

 2014年1月にホッフェンハイムを退団したヴィーゼ氏は、その屈強な体格がWWEの目に留まり、同9月にプロレスラー転向のオファーを受けていた。同11月には、トライアウト生として試合に出場する予定だったが、ホッフェンハイムとの契約問題で、試合デビューはお預け。それでも、タイムキーパーとしてリングに上がり肉体美を披露していた。

 その後、WWEデビューを目指してトレーニングを続けた同氏は、今年6月にWWEと正式に契約を締結。セカンドキャリアの新たなスタートを切っていた。

 そして3日、ドイツ・ミュンヘンで行われた大会で、ヴィーゼ氏はセザーロとシェイマスと組んでタッグ戦に出場。ついに夢のWWEデビューを果たすと、2年越しの試合出場を見事勝利で飾ったという。

ヴィーゼ

WWEデビューを果たしたヴィーゼ氏(左) [写真]=Bongarts/Getty Imagesby Adam Pretty/

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る