2016.11.03

ブラジル女子代表に史上初の女性監督が誕生 36歳のリマ氏が就任

ブラジル女子代表
リマ氏が監督に就任したブラジル女子代表 [写真]=Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は1日、同国の女子代表監督にエミリー・リマ氏が就任したことを発表した。

 36歳のリマ氏は現役時代にブラジルやイタリア、スペインなどで活躍し、2009年に引退。その後はライセンスを取得して監督に転身し、2016年にはサンパウロ州のサン・ジョゼを率いてコパ・ド・ブラジウ・フェミニーノ(女子大会)で準優勝に導いた。

 セレソン(ブラジル代表)では男子の代表を含めて、これまで男性が監督を務めてきた。リマ氏はこのたび、“セレソン・フェミニーナ”で史上初の女性監督となった。

(記事提供/Cartao Amarelo)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る