2016.10.30

アルビ新潟Sがシンガポール杯連覇、シンガポール史上初の全4タイトル獲得

シンガポール史上初となる4タイトルを制覇したアルビレックス新潟シンガポール
サッカー総合情報サイト

 2016シンガポールカップ決勝が29日に行われ、アルビレックス新潟シンガポールは、タンピネス・ローバーズが対戦。アルビレックス新潟シンガポールは、昨年に続く大会2連覇、そしてシンガポール史上初の4冠、全タイトル制覇を狙って一戦に臨んだ。

 まず良い形を作ったのは、アルビレックス新潟シンガポール。16分、左サイドから田中脩史が送ったクロスに熊田瑠偉が飛び込む。このセカンドボールをフリーで受けた鎌田啓義が右足ボレーで狙うが、シュートはゴール左へと外れる。

 試合は意外な展開で動く。28分、タンピネス・ローバーズのGKイズワン・マハブドがゴールキックをショートパスでDFへ送ると、パスを受けたDFはそのままバックパス。素早く反応した河田篤秀がプレッシャーをかけて、GKからスライディングでボールを奪いそのままゴールネットを揺らしてアルビレックス新潟シンガポールが先制する。

 後半開始直後の46分、アルビレックス新潟シンガポールは左サイドから田中脩史が速いクロスを送る。熊田瑠偉が競り合ったこぼれ球を河田篤秀が左足で強烈なシュート。しかし、GKの好セーブに防がれて追加点とはならなかった。

 61分、タンピネス・ローバーズはゴール正面でFKを獲得。ゴールを狙ったFKはGK野澤洋輔の正面を突く。68分、タンピネスはジャーメイン・ペナントを投入して攻勢を強める。その後、タンピネス・ローバーズの波状攻撃が続くが、アルビレックス新潟シンガポールが耐えしのぐ時間帯が続く。

 すると87分、アルビレックス新潟シンガポールは中盤でボールを奪うとそのままカウンター。左サイドでボールを受けた途中出場の石山大地が右足でファーサイドへクロスを送る。これを走り込んだ長崎健人がヘディングでGKの頭上を越えるシュートを放ち、試合を決定づける追加点を挙げる。そのまま逃げ切ったアルビレックス新潟シンガポールが、シンガポールカップ2連覇を達成した。

 アルビレックス新潟シンガポールは2月のコミュニティシールド、7月のリーグカップ、10月のSリーグ制覇に続き、今季4つ目のタイトルを獲得。シンガポール史上初の4冠、全タイトル制覇を達成し2016シーズンを終えた。

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 2?0 タンピネス・ローバーズ

【得点者】
1-0 28分 河田篤秀(アルビレックス新潟シンガポール)
2-0 87分 長崎健人(アルビレックス新潟シンガポール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る