2016.10.27

Sリーグ閉幕、優勝決定済みのアルビ新潟Sは16勝2分6敗で全日程終了

2試合を残したリーグ優勝を決めたアルビレックス新潟シンガポールにトロフィーが授与された
サッカー総合情報サイト

 2016Sリーグ(シンガポールリーグ)最終節が26日に行われ、アルビレックス新潟シンガポールとタンピネス・ローバーズが対戦した。既にリーグ優勝を決めているアルビレックス新潟シンガポールは勝点50(16勝2分5敗)、タンピネス・ローバーズは勝点46(15勝4分5敗)で2位が確定。29日(土)に開催するシンガポールカップ決勝でも対戦する両チームによるリーグ最終戦となった。

 アルビレックス新潟シンガポールはGK笠川永太が3試合ぶりの先発出場。前節から6人を入れ替えてこの試合に臨んだ。

 開始9分、タンピネス・ローバーズは右サイドからクロスをビリー・メフメトが頭で合わせて先制する。38分にジョーダン・ウェッブが、42分にジエゴ・シウヴァスが続けてゴールネットを揺らしてリーグ優勝を逃したタンピネスが3点のリードを奪う。

 後半に入ってもタンピネスの勢いは止まらない。62分、ペナルティーエリア内のシュートが免田朋己に当たりハンドの判定で、タンピネスがPKを獲得する。さらに、このプレーで免田が退場。アルビレックス新潟シンガポールは10人での戦いを強いられ、リードを4点差とされる。続く73分にも失点。アルビレックス新潟シンガポールは終了間際の90分に石山大地のゴールで一矢報いたものの、1-5で敗れた。

 最終節を終えたアルビレックス新潟シンガポールは、勝点50(16勝2分6敗)でリーグ戦全日程を終了。黒星でリーグ戦を終えたアルビレックス新潟シンガポールだが、第6節で首位に立ち、その後はクラブ新記録となる10連勝を達成。順調に勝ち点を積み上げて第22節に2試合を残してSリーグ参戦から13年目にして悲願のリーグ初優勝を果たしている。

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 1-5 タンピネス・ローバーズ

【得点者】
0-1 9分 ビリー・メフメト(タンピネス・ローバーズ)
0-2 38分 ジョーダン・ウェッブ(タンピネス・ローバーズ)
0-3 42分 ジエゴ・シウヴァス(タンピネス・ローバーズ)
0-4 63分 シャーダン・スライマン(タンピネス・ローバーズ)
0-5 73分 ディエゴ・シウヴァス(タンピネス・ローバーズ)
1-5 90分 石山大地(アルビレックス新潟シンガポール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る