2016.10.01

Kリーグ王者の全北現代、勝ち点9ポイントはく奪! スカウトが審判買収

4月に開催されたACLのFC東京戦に臨む全北現代 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 全北現代モータースは30日、Kリーグから勝ち点9ポイントのはく奪と、罰金1億ウォン(約900万円)を科されたとクラブ公式HPで発表した。

 同処分は、2013年に全北現代のスカウトがKリーグの審判2名に対し複数回にわたって金品を渡し、有利な判定をするよう依頼したことに対するもの。同スカウトはすでに懲役6カ月、執行猶予2年の有罪判決を受けているが、Kリーグは「サッカーを愛するファンへ大きな失望を与えた」として、勝ち点はく奪などの処分を決定した。

 全北現代はKリーグを2連覇中の強豪クラブ。今季のリーグ戦でも首位に立っており、6試合を残して2位のFCソウルとは勝ち点14ポイント差をつけていた。しかし、今回の処分によって勝ち点差は5に縮まっている。同クラブはAFCチャンピオンズリーグでも勝ち残っており、28日に行われたFCソウルとの準決勝ファーストレグでは4-1で快勝。決勝進出に大きく近づいた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る