2016.09.08

驚異のホーム無敗 ブラジルがW杯予選通算100試合に到達、戦績は?

ブラジルはワールドカップ全大会に出場し、最多5度の優勝を誇る [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 6日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第8節のコロンビア代表戦が、ブラジル代表にとって予選通算100試合目となった。ブラジル誌『プラカール』電子版が7日に報じている。

 ブラジルは6日、コロンビアをホームに迎えて南米予選第8節に臨んだ。FWネイマール(バルセロナ)が決勝ゴールを挙げて2-1で競り勝ち、2位に浮上。1日の第7節エクアドル戦を含め、9月の2試合を連勝で終えた。

 同誌によると、コロンビア戦がブラジルにとってのワールドカップ予選通算100試合目となったようだ。通算戦績は60勝28分け12敗で、勝率は60パーセント。得点数は「214」、失点数は「68」となっている。ホームゲームは通算49試合で、一度も敗れたことがない。ワールドカップ過去20大会全てに出場している“サッカー王国”を支えているのは、驚異的なホームでの強さと言えそうだ。

 なお選手別に見ると、南米予選最多出場を記録しているのは2002年の日韓大会優勝メンバーのDFルシオ(現・FCゴア)。31試合に出場している。また、最多得点記録はジーコ氏が持つ「11」となっている。

 ブラジル代表の次戦は10月6日、南米予選第9節でホームにボリビア代表を迎える。2016年9月6日時点での、ブラジル代表のワールドカップ南米予選の成績は以下のとおりとなっている。

・1930年ウルグアイ大会(予選なし)
・1934年イタリア大会(ペルーの棄権で出場決定)
・1938年フランス大会(アルゼンチンの棄権で出場決定)
・1950年ブラジル大会(開催国のため予選免除)
・1954年スイス大会(4試合)4勝
・1958年スウェーデン大会(2試合)1勝1分け
・1962年チリ大会(前回優勝により予選免除)
・1966年イングランド大会(前回優勝により予選免除)
・1970年メキシコ大会(6試合)6勝
・1974年アルゼンチン大会(前回優勝により予選免除)
・1978年アルゼンチン大会(6試合)4勝2分け
・1982年スペイン大会(4試合)4勝
・1986年メキシコ大会(4試合)2勝2分け
・1990年イタリア大会(4試合)3勝1分け
・1994年アメリカ大会(8試合)5勝2分け1敗
・1998年フランス大会(前回優勝により予選免除)
・2002年日韓大会(18試合)9勝3分け6敗
・2006年ドイツ大会(18試合)9勝7分け2敗
・2010年南アフリカ大会(18試合)9勝7分け2敗
・2014年ブラジル大会(開催国のため予選免除)
・2018年ロシア大会(8試合)4勝3分け1敗

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る