2016.09.07

FIFAランク2位ベルギー、ルカク2発で快勝 W杯予選初戦で新体制初勝利

サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループH第1節が6日に行われ、キプロス代表とベルギー代表が対戦した。

 6月から7月にかけて開催されたユーロ2016で準々決勝敗退に終わり、7月15日にマルク・ヴィルモッツ監督との契約解消に踏み切ったベルギー。8月3日にロベルト・マルティネス氏の新指揮官就任を発表した。新体制での初陣となった今月1日の国際親善試合スペイン戦は0-2で敗戦。初勝利を目指し、予選初戦に臨んだ。

 先発メンバーには、GKティボー・クルトワ(チェルシー)やMFケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)、MFエデン・アザール(チェルシー)、FWロメル・ルカク(エヴァートン)らが名を連ねている。

 均衡が破られたのは13分、先制ゴールはベルギーのものだった。敵陣左サイドからのFKから、こぼれ球を拾ったケヴィン・デ・ブライネがグラウンダーのクロス。ペナルティーエリア手前で反応したトマ・ムニエがダイレクトでシュートを放つと、相手GKが弾いたところに詰めたルカクがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

 敵地で先制に成功したベルギーは前半のうちに追加点を奪うことはできなかったが、キプロスに反撃を許さず、1-0でハーフタイムを迎えた。

 ベルギーの追加点は61分に決まった。ペナルティーエリア手前でボールを持ったデ・ブライネがドリブルで相手DFを引き付け、左前方へパス。フリーで反応したヤニック・フェレイラ・カラスコが左足でシュートを放つと、相手GKが弾いて浮き上がったボールにルカクが反応してヘディングシュートを決めた。ルカクの2ゴール目で、ベルギーがリードを広げた。

 2-0としたベルギーは74分、殊勲のルカクに代えてミヒー・バチュアイを投入。さらにゴールを狙いに行くと、81分に3点目が生まれた。デ・ブライネのミドルシュートを相手GKが弾いたところにアザールが反応し、左サイド深くから中央へ折り返す。待っていたカラスコが難なく押し込み、ゴールネットを揺らした。

 試合は3-0で終了。ベルギーが予選初戦を完封勝利で飾り、新体制初白星を挙げた。次節は10月7日、ボスニア・ヘルツェゴヴィナをホームに迎える。敗れたキプロスは同日、ギリシャとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
キプロス代表 0-3 ベルギー代表

【得点者】
0-1 13分 ロメル・ルカク(ベルギー代表)
0-2 61分 ロメル・ルカク(ベルギー代表)
0-3 81分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(ベルギー代表)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る