2016.08.23

3年で4度のレンタル移籍 チェルシー、元独代表MFマリンを遂に売却へ

2012年にチェルシーに完全移籍で加入したMFマリン(写真は2013年) [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属する元ドイツ代表MFマルコ・マリンが、オリンピアコスへの完全移籍に近付いていることがわかった。22日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在27歳のマリンはボルシアMGとブレーメンのドイツ国内2クラブでプレーした後、2012年に5年契約でチェルシーに加入。2012-13シーズンはチェルシーでプレーし、2013年2月にはプレミアリーグ初ゴールをマークしていた。

 しかしながら、2013-14シーズンはセビージャ、2014年夏にはフィオレンティーナ、2015年1月にはアンデルレヒトへと、複数のクラブにレンタル移籍で渡った。さらに、2015-16シーズンはトラブゾンスポルでプレーをしており、チェルシー加入後、4年間で4クラブにレンタル移籍している。

 同紙によると、マリンがチェルシーでプレミアリーグに出場した時間はわずか143分間。かつて“ドイツのメッシ”と呼ばれた同選手は、チェルシーで定位置を掴むことはできなかった。オリンピアコスとは3年契約を結ぶと報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る