2016.08.20

就任からわずか半年 ヨル監督がエジプトで身の危険を感じて辞任

ヨル
2016年2月からアル・アハリで指揮を執っていたヨル氏(中央)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アル・アハリ(エジプト)を率いていたマルティン・ヨル監督が、身の危険を感じたことを理由に同クラブの指揮官を辞任した。イギリスメディア『BBC』が19日付で伝えている。

 ヨル氏は、トッテナムやハンブルガーSV、アヤックスなどで指揮官を務め、2016年2月からアル・アハリを率いていた。しかし、アフリカ・チャンピオンズリーグのグループステージ敗退が決まると、アル・アハリのサポーターが、ヨル監督宛に脅迫メッセージを送ったため、脅威を感じた同監督がわずか6カ月でエジプトを離れる決意をしたという。

 アル・アハリはクラブ公式サイトで「ヨルは我々に契約を続行することは個人的な理由で不可能であると伝えた。我々はその申し入れを受け入れ、彼との契約を打ち切ることにした」という声明を発表している。

 なお、15日にはアル・アハリのサポーターが練習中のチームを襲おうと試みたという事件も起きており、身の危険を感じたヨル監督の決断をクラブ側は尊重したようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る