2016.08.19

異例の大量招集 ボリビア新指揮官、南米予選へ代表候補93名選出

大量93名が招集されたボリビア代表(写真は6月のコパ・アメリカより) [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ボリビアサッカー連盟(FBF)は18日、2018年のロシア・ワールドカップ南米予選に向けた代表候補メンバーを発表。実に93人もの選手が選出された。

 ボリビア代表は今月3日、アンヘル・ギジェルモ・オジョス新監督の就任が決定。新体制で臨む初陣に向けて、アルゼンチン人指揮官は93選手を代表候補として選出した。異例の大量招集で、内訳はGKが7人、DFが27人、MFが34人、FWが25人となっている。

 ボリビア代表は南米予選第6節を終えて1勝5敗の勝ち点3、10チーム中9位に沈んでいる。9月1日の第7節ではペルーとホームで、同6日の第8節では敵地でチリと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る